高橋尚子まだ結婚しない!?結婚しないのには理由があった?

Qちゃんこと元女子マラソン金メダリストの高橋尚子が、まだ結婚に踏み切れないと発言!高橋尚子結婚しないのには、何か理由があるのか?

スポンサーリンク





高橋尚子 まだ結婚しない!?

元女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんが、またしても結婚に踏み切れていない現状を「ぐるナイ!ゴチになります!」で語りました。

一体、これで何度目だ・・・

結婚するする詐欺が発動(^_^;)

高橋尚子さんも年齢にして45歳

女性の年齢を追求するのは失礼でしょうが、すでにそんなことは言っていられない状況なので追求します(笑)

一般的に女性は結婚適齢期を迎える、あるいは超えると焦りを見せるはずですが・・・

高橋尚子さんには、そのような兆候もなさそうですね。

この分だと子供が欲しいとも考えてはいないようです。

「ぐるナイ!ゴチになります!」では、結婚について聞かれると「3回、戸籍謄本を取り寄せて、3回期限切れになりました。」

結婚の意思はあるようですが、どうにも踏み切れないことを告白しています。

一体、何がブレーキをかけているのでしょうかね?

3回も戸籍謄本を取り寄せて、結婚しないのには何か大きな理由があるのでしょうか?

ここで、交際中の相手についても触れたいと思います。

ご存知の方もいるでしょうが交際の相手は、高橋尚子さんの元トレーナーで現在は個人マネージャーを務める、西村孔さんですね。

交際は2009年から始まっており、2012年の週刊誌で熱愛報道をされています。

その後は、年内の結婚を宣言するも月日が経って現在に至る・・・

・・・

いやいや、長い長い(;゚Д゚)

どんだけ、寝かすんですか(;゚Д゚)

ホントに結婚する気があるのか疑われてもおかしくないですよ。

冒頭でお話しした、結婚するする詐欺はこれにあたります(笑)

スポンサーリンク




高橋尚子が結婚しないのはギャンブル依存症が原因?

結婚には踏み切れなかったですが、交際自体は順調に進んでいたようです。

関係者の方も二人は一緒に住んでいて、交際は順調とコメントしていますし。

では、なぜ結婚しないのか・・・

実は、高橋尚子さんにはギャンブル依存症の疑いが浮上!

2016年のリオオリンピック前に、パチンコにハマっている高橋尚子さんが週刊誌に報じられていました。

ぶっ続けで11時間も打ち続けていたそうです(;゚Д゚)

もしかして、これが原因で結婚の話がご破算に・・・

と思ったら、ハズレでした(笑)

これに関して追及された時に、パチンコはストレス発散のため月に1、2回程度しかしていないとのこと。

この時は、大当たりが55回という驚きの当たりを叩き出したため、ぶっ続けになったと(笑)

おそらく、スポーツ選手特有のストイックさも出てしまったんでしょう。

止めるに止めれない状況だったというわけです(笑)

高橋尚子さんが結婚しない理由についても、週刊誌が関係者に聞いて回ったようですよ。

関係者の方の意見では、高橋尚子さんが言うには、二人とも面倒くさがり屋でここまでズルズル来てしまった。

ということ。

・・・

理由が面倒くさいって・・・

戸籍謄本3回も取り寄せて、よく言いますね(^_^;)

ともあれ「ぐるナイ!ゴチになります!」では、結婚する意思はあるけど、まだまだ先になることを明かしました(笑)

高橋尚子の現役時代

出典;Startdash

今の世代の人たちには、ひょっとしたら高橋尚子さんってどんな人?

と思っている方もいるかもしれませんね。

あとの方になりましたが、高橋尚子さんについて触れておきましょう!

まずは、プロフィールをどうぞ!

名前:高橋尚子(たかはしなおこ)

愛称:Qちゃん

出身地:岐阜県岐阜市

生年月日:1972年5月6日

身長:163cm

出身高:岐阜県立岐阜商業高等学校

最終学歴:大阪学院大学商学部

中学生の時に陸上を始めますが、目立った功績を残すことは出来なかったようです。

高橋尚子さんの芽が出てきたのは、大学時代からでこの頃にトップクラスの成績を残せるようになりました。

そして、最高クラスの成績といえば、2000年のシドニーオリンピックで見事金メダルを獲得したことですね。

さらに、2001年のベルリンマラソンでは、世界記録のマラソンタイムを叩き出すという偉業を達成!

お見事としか言いようがないです!

その後は、目立った活躍はなく2008年に引退し、スポーツキャスターや解説者として仕事に携わっています。

ザックリですが、これが高橋尚子さんの経歴です。

あとは、結婚を残すのみですね(笑)

でも、交際も順調で一緒に住んでいるのであれば、もはや夫婦ですよね。

結婚というのは高橋尚子さんにとっては、形式上でしかないのかもしれませんね。

スポンサーリンク