風見しんご 娘の事故の真相とは!?大手企業の闇が関わっていた?

風見しんごを亡くして約10年、あの事故の真相とは?加害者は大手企業の関係者と・・・事故の翌年、長男が産まれる予定だった?

スポンサーリンク





風見しんご 娘の事故から10年・・・

風見しんごさんのさんの事故は、今でも痛ましい出来事ですね・・・

事故当時は2007年で、さんの年齢はおよそ10歳ほどでした。

生きていればもう成人になっていて、いろんなことにも挑戦されていたでしょう!

風見しんごさんのさんの名前はえみるさんですね!

風見しんごさんには長女えみるさんと次女ふみねさんの二人の娘さんがいて、亡くなったのはえみるさんの方です・・・

当時通学途中の横断歩道で、えみるさんは2トンの大型トラックに轢かれました。

病院に搬送されましたが、治療の甲斐なく・・・

渡っていた横断歩道の信号は青で、明らかにトラックの運転手に落ち度があり業務上過失傷害で22歳の若者が逮捕されています。

若者は刑事裁判で禁固2年という、ちょっと軽いような判決に終わりました。

実は、この若者に関してはほとんど報道されていなかったようです・・・

当時会社員としてしか報道されていませんでしたが、なんとこの運転手は花王の関係者だということがネット上で騒がれています。

大手企業の裏事情として伏せられたのではないかと・・・

つまりは圧力ですね!

公になれば大損害の出来事ですから、隠しておく方がいいと判断したのでしょう。

まさしく、臭い物に蓋をするとはこのことですよ!

風見しんごさんがさんを亡くして、一時期は家庭崩壊まで陥るほど痛みは深刻だったようです。

当然ですよね・・・

スポンサーリンク




風見しんご 長男に会えず

実は、風見しんごさんがさんを亡くした1年後に、奥さんが男の子妊娠したそうです。

風見しんごさんの奥さんといえば、荒井晶子さんという元ミス日本で女優として活躍した方ですね。

しかし、妊娠5ヶ月の時にお腹の中の長男はダウン症を発症していることが判明。

それでも産む決意を固めてはいたそうですが、妊娠8ヶ月になったころ胎児に異変が生じ、病院に駆け込むも心肺停止と判断されたそうです・・・

結局、長男は死産という形になってしまうことに・・・

さんが亡くなり長男にも生きて会えないなんて、どれだけツラい現実を風見しんごさんに突きつけるのでしょうか。

しかし、今では風見しんごさんは・・・

「えみるが亡くなってから、前を向くように家族の背中を押してくれたのは長男だと思っています」

と振り返っています。

家族の絆が強かったからこそ、今は前を向いて生きていけるんでしょうね!

風見しんごの現在は?

元々は芸能活動を行っていた風見しんごさん!

現在は自身が経験した事故から、同じような人を出したくないと事故撲滅に積極に取り組んでいます。

交通安全にまつわる講演を行うこともしばしばだとか!

ご立派です( ;∀;)

事故で悲しむ人を増やしたくないですからね!

今年の6月に東名高速で起こった追突事故も記憶に新しいでしょう。

もうあんな事故はなくなってほしいです!

あれには私も怒りを覚えました(# ゚Д゚)

しかし、数々の講演をしてきた風見しんごさんが今でも痛感していることが法の壁だそうです・・・

具体的にいうと、刑の重さです!

風見しんごさんの事故の件も東名高速の件もそうですが、過失致死では刑罰が軽いということ・・・

7年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金というふうに定められているそうですが、最悪罰金刑だけで済む場合があるそうです。

最高20年の刑を科す「危険運転致死傷罪」というものがあるそうですが、どうも該当条件が必要らしいですね・・・

「法律は万能じゃない」「法律を作った人間が完全じゃないから」なんてアニメやドラマのセリフが頭をよぎりそうなくらい苦虫を噛み潰したような状況ですよ(# ゚Д゚)

認知症や精神疾患を隠せれば乗れるくらいですからね!

法律の改定にも乗り出さなければ人間の意識なんてそう簡単に変わらないでしょうし、ホントの意味で事故の抑止力にはならないでしょう。

スポンサーリンク