鶴ひろみ、ドキンちゃんの声優が逝去・・・海外にも大反響!?

声優の鶴ひろみが57歳の若さで逝去し、その反響は海外にまで・・・発見されたのは首都高の車内!?突然死の原因は・・・

スポンサーリンク

鶴ひろみ 突然死



2017年下半期の中で一番ショックな出来事でした・・・

声優の鶴ひろみさんが57歳の若さで、この世を去ることになろうとは・・・

かなりショックが大きいです!


鶴ひろみさんといえば、「それいけアンパンマン」のドキンちゃんや「ドラゴンボール」のブルマ・・・


「らんま1/2」の久遠寺右京に「ペリーヌ物語」のペリーヌといった多くの役をこなし、ファンから愛されてきた声優さんです!



その鶴ひろみさんが、11月16日首都高の車内で意識不明の状態で発見され、搬送された病院で亡くなったことが確認されました。


その後、所属事務所が死因を発表。

鶴ひろみさんを襲ったのは・・・

大動脈剥離でした。

病がもたらした突然死だったいうことになります。


大動脈剥離って何かとよく聞く病気ですが、それだけに誰もがかかりやすい病気ということなんです。


「ドラゴンボール」の声優でもあった鶴ひろみさんの逝去は、海外でも反響を呼んだようで・・・


アメリカのグーグル急上昇ワードに「Hiromi Tsuru」が入るほど、海外のアニメファンに大打撃を与えたようですよ。


スポンサーリンク

鶴ひろみを襲った大動脈剥離とは?



鶴ひろみさんを突然死に追いやった大動脈剥離・・・

これは、心臓から全身に血液を送る大動脈という太い血管に影響を及ぼす病気です。

出典;Wikiwand



この血管に悪影響を与えると、鶴ひろみさんが起こした大動脈剥離と誰もが一度は聞いたことのある大動脈瘤という病気を引き起こします。


大動脈は内膜・中膜・外膜の層になっているようで・・・

先に内膜に亀裂が生じ、中膜に血流が勢いよく入り込んでしまうことで血管が裂けてしまう状態を大動脈剥離というらしいです。



基本的に発症するまでは自覚症状がないので気付かないんだとか(-_-;)


実は、2016年には一般男性が運転中に大動脈剥離を起こして歩行者をはねるという事故が起こっています。


それだけでなく、2017年には俳優の中嶋しゅうさんが舞台中に急性大動脈解離を発症して亡くなっているそうです。


一般的には、高血圧による血管へのストレスや動脈硬化による血管の弾力低下が原因とされています。


加齢による発症リスクもありますが、どちらも生活習慣病から一気にリスクが高くなるものです。


この時点で、誰にでもかかりやすいということを理解して頂けると幸いですね。

言っている私も例外ではないですけど(^_^;)


鶴ひろみの対応に反響?

出典;festy




鶴ひろみさんの逝去で十分反響を呼びましたが、実は発見された状況にも反響を呼んでいるようです。


私が先ほど、一般男性が大動脈剥離を起こして歩行者をはねたと述べたのは覚えていますよね?


鶴ひろみさんが発見されたのは、首都高の車内の中・・・

つまりは運転中だったわけなのですが、ハザードを点灯し停車している状態で発見されています。


そうです!

意識を失いかけているなかで二次的事故を防ぐべく、ハザードを点灯し停車したのではないかという対応が反響を呼んでいます!


亡くなってしまったのは悲しいけど、とっさの判断で誰も巻き込まない立派な最期だとTwitterで騒がれている様子。


真意はわかりませんが、私も鶴ひろみさんの必死の対応だったと思っているので、この意見には至極共感です!

しかし、そうなると次にドキンちゃんブルマ役を一体誰がするのかというのも話題となっています・・・

出典;Girls Channel


鶴ひろみさんの代わりが務まる方が果たしているのでしょうか?
今まで積み上げてきた壁を超えるのは難しそうですね・・・


スポンサーリンク