白石麻衣の学歴を調査!デビュー当時が可愛いすぎ!?卒業理由に裏?

元「乃木坂46」白石麻衣さんの学歴を調査したところ、意外な過去が判明しました。

卒業したからこそ、懐かしのデビュー当時を振り返ると今とは違う初々しさがかなりの可愛さがありましよ。

さらに、ウワサの卒業理由についても調べてみたので見て行ってください。

スポンサーリンク



白石麻衣の学歴

この投稿をInstagramで見る

白石麻衣fan(@shiraishi_mai1204)がシェアした投稿


2020年8月18日にYouTubeチャンネルを開設し、わずか数ヶ月で登録者数100万人を超えるほど人気の白石麻衣さん。

同年10月にライブ配信での卒業ライブを行い、「乃木坂46」を卒業。

コロナの影響で今回は特殊な形となりましたね。

そんな男女ともに人気の高い白石麻衣さんですが、どんな学生時代を過ごしてきたのでしょうか。

まずは、その学歴について迫ってみます。

小学校時代

白石麻衣さんの出身小学校は群馬県の「沼田市立沼田北小学校」です。

体操着の校章からこの学校であることが判明したようですね。

小学生から運動、トランペットやピアノと幅広く活躍しています。

子供の頃はこういう子がモテていましたねw

幼稚園の頃の夢はケーキ屋になることでしたが、小学6年生の頃にファッションへの興味が強くなりスタイリストやモデルになりたいと夢見ていたようです。

見事にモデルという夢は叶えていますね。

中学校時代

白石麻衣さんの出身中学校は群馬県の「沼田市立沼田中学校」です。

地元の公立校に進学し、部活は吹奏楽部に入部。

担当はパーカッションをしていたと公式ブログに書かれていました。

のちに、ソフトボール部へと転部。

きっかけは友達と体験入部に行ったときのキャッチボールが楽しかったからなんだとか。

中学1年生で代走、2年生の頃には2番セカンドでレギュラー出場を果たしています。

さらに、50m走7秒台の俊足を活かしてセーフティバントを決めていたそうです。

4番も任せられる存在となり、ホームランを通算10本も記録して打率は3割を超えていたほど。

その実力は、バラエティ番組でも度々強烈なスイングを見せてくれていますよね。

ちなみに、右投げ左打ちです。

しかし、順調な学生生活とはいかず白石麻衣さんは中学でいじめを受けて不登校になっています。

どうやら、いじめを受けていたクラスメイトをかばったために今度は白石麻衣さんがターゲットになってしまったようですね。

上履き隠しやカバン、ノートの落書きといった定番なものが多かったとか。

定番なだけに結構くるものがありますね・・・

不登校ながらも、ソフトボール部の仲間からの助けもあって何とか中学校は卒業しました。

高校時代

白石麻衣さんの出身高校は埼玉県さいたま市浦和区にある私立校の「小松原女子高等学校 保育進学コース」です。

現在は共学化されて「浦和麗明高等学校」と改称されています。

当然コースによって偏差値は違いますが、白石麻衣さんが入学した頃は43くらいのようですね。

中学時代のいじめが影響して、中学を卒業後は母親と共に埼玉県へ引っ越して同校へ入学しています。

この頃、白石麻衣さんは保育士を目指して選択授業や検定試験を受けていました。

しかし、高校3年生の進路相談の時に音楽の専門学校の存在を知ります。

そして、夏休みに体験授業を受けたことをきっかけに保育士志望から音楽の道へ進むことを決意しました。

両親からは短期大学を勧められていましたが、ずっと音楽が好きで自分の歌を届けたいという思いで説得したようですよ。

専門学校時代

白石麻衣さんが通った専門学校は東京都江戸川区にある「東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校」です。

この学校のヴォーカルパフォーマンスワールド(2年制)の出身みたいですね。

ここで歌のレッスンやリスニング、ゴスペルや音楽理論を学んで、SPEEDやPerfumeのようなダンスボーカルユニットを目指していたんだとか。

スポンサーリンク



白石麻衣のデビュー当時が可愛すぎ!?

この投稿をInstagramで見る

m.s(@mai.shiraishi.fan)がシェアした投稿

実は、白石麻衣さんは専門学校在学中に担当講師から「乃木坂46」のオーディションを勧められて1期生に合格しています。

当時はアイドルに興味がなく、先生に”こんなオーディションあるから受けてみない?”と言われ、せっかくだからという気持ちで受けたのがきっかけなんです。

しかし、本来白石麻衣さんが目指していた歌手とは違うものとなり、連日のダンス練習にも苦戦していたことで日々葛藤していました。

が、メンバーの支えと両親との約束もあって、アイドルとしての活動に前向きに取り組むことが出来たそうです。

デビュー当時、白石麻衣さんの立ち位置は中列だったことを覚えていますか?

最初からセンターではなく、徐々に人気が高まってきてセンターを務める頻度が増えてきたんです。

って、それはご存知の方も多いですよねw

6thシングル「ガールズルール」でこれまでセンターを務めていた生駒里奈さんに代わってセンターを白石麻衣さんが務めました。

さて、そんな白石麻衣さんの可愛らしいデビュー当時を振り返ってみましょう。

いやぁ、初々しさがあって可愛すぎです。

人気が出るのも頷けます。

「Ray」の専属モデルや女優デビューを果たすなど、どんどんと怒涛の活躍を遂げていますし。

今ではあまり見ることが出来ない白石麻衣さんのデビュー当時のコメントやリアクションでしたね。

白石麻衣の卒業理由には裏があった?

この投稿をInstagramで見る

制服の成金(@s_maiyanfan0820)がシェアした投稿


白石麻衣さんは、2020年1月7日に「乃木坂46」を卒業することを発表。

3月25日に発売となった25thシングル「しあわせの保護色」をもって卒業となるはずだったのですが、冒頭でもお話ししたようにコロナウイルスの影響で卒業が延期となり配信ライブでの卒業ライブという異例の形になりました。

何はともあれ卒業を果たした白石麻衣さん。

卒業理由に関しては、こう語っていました。

2018年ごろから卒業を考え始め、最終的に決断したのは昨夏。9月発売のシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」の活動時期だ。加入1年にも満たない4期生と一緒に活動し、後輩の急成長を実感。「外から乃木坂を見守っていきたいという気持ちが強くなった」と明らかにした。

引用:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/01/07/kiji/20200107s00041000026000c.html

後輩の成長を強く感じ、頼もしい存在となったことがきっかけのようですね。

とはいえ、白石麻衣さんは卒業について結構前から考えに考えていたようです。

同期の生駒里奈(24)らが卒業し世代交代が進む中、引き際について何度も悩んだことを告白。

本人は明確には言わなかったが、本当は2017年秋頃に卒業発表する思いを持っていた。が、ある事情でできなくなり、18年1月には生駒里奈が卒業を発表。そして同年秋には西野七瀬。翌19年には衛藤美彩が…。巣立っていく同期の思いを優先し、自身は気持ちを抑えて見守り続けていたのだ。

引用:https://hochi.news/articles/20200106-OHT1T50259.html

今回は、自分の気持ちを優先出来るタイミングが来たということでしょうかね。

迷惑なウイルスまで一緒に来ちゃいましたが・・・

さて、実はこの卒業理由には裏があるのではないかというウワサが飛び交っています。

それは、白石麻衣さんの結婚説。

結婚するために卒業を決めたのではないかということです。

気になるそのお相手は、「関ジャニ∞」の安田章大さん。

何故かというと、白石麻衣さんはかなりのジャニオタで安田章大さんのファンだったからです。

一時期は交際のウワサが流れていたので、卒業によって結婚するのではないかと話題になっています。

とはいうものの・・・

この辺りのウワサは信憑性がないので、一ファンとして安田章大さんを応援していただけというほうが真に迫る感じがしますけどw

しかし、アイドルグループを卒業したということは恋愛も解禁になったとも言えます。

今後は、白石麻衣さんの活躍同様に熱愛についても注目が集まるでしょうね。

スポンサーリンク