横田めぐみさんの不可解な現在とは?金正恩の母親として生きている!?

今もなお、拉致問題として騒がれている横田めぐみさん!その横田めぐみさんの現在が、あるウワサと関連があった・・・?

スポンサーリンク





横田めぐみさんの現在は?

拉致被害者の1人、横田めぐみさんの問題は今も解決に至ってはいないらしい・・・

横田めぐみさんの拉致から25年が経ったころ、北朝鮮は拉致を認め謝罪と同時に横田めぐみさんの死亡を説明したようです。

しかし、返された遺骨のDNA鑑定の結果、横田めぐみさんのものではないことが判明。

北朝鮮からは、現在も納得のいく説明と証拠は提出されていない様子。

政府は横田めぐみさんを始め、拉致被害者の帰国を北朝鮮へ訴え続けてはいますが、聞き入れてはくれないみたいですね。

拉致からずいぶん経ちましたが、北朝鮮の最高指導者が金正恩に代わったころ、横田めぐみさんの現在と結びつくウワサが拡がりました。

それは、金正恩の母親が横田めぐみさんだというウワサです。

初めに言っておきますが、確たる根拠はありません(~_~;)

あらゆる角度から鑑みたときに、可能性として浮上したお話しですよ。

まず、第一に死亡の説明、証拠がなかったこと。

結局濁されたまま生死がわかっていません。

遺骨からも、横田めぐみさんのものではないことはわかっていますし。

このことから、生きているけど何らかの理由で帰国させることはできないのではないかと推測されます。

次に、金正恩の顔が横田めぐみさんに似ているということです。

・・・

う~ん・・・

これに至っては賛否両論なのですが、あがっている声では似ているという意見が・・・

私は、似ていないに一票ですが(^_^;)

そして極めつけが、横田めぐみさんが皇族の血を引いているということです。

これは、どちらかというと横田めぐみさんの母親である早紀江さんの方に関連が深いですね。

横田早紀江さんは、父親が朝鮮王朝の最後の皇太子、母親が北朝系の天皇の血統という元に産まれているそうです。

つまり、横田めぐみさんはこの血筋を継いでおり、このために拉致されたとも言われています。

横田めぐみさんの拉致は、計画的なものだったと疑惑が浮上しました。

まとめると、北朝鮮のトップの嫁にふさわしく、子供である金正恩に面影を宿しており、この経緯から日本へ帰国させることができない。

といった、構図ができあがってしまったわけですね。

まぁ、状況だけで判断してしまっているところは否めませんが(^_^;)

もしそうだったとしても、最高指導者が金正恩であれば、このことは明るみに出ないでしょう。

スポンサーリンク




横田めぐみさんの拉致問題について

横田めぐみさんの拉致からかなり年月が経ってしまったので、この問題自体を知らない人も少なくないでしょう。

平成生まれ初期の人たちが、なんとなく知っている年代でしょうからね。

横田めぐみさんが拉致されたのは1977年、当時は13歳の中学生でした。

学校の帰りがあまりに遅く、心配になったご両親が探し回り、警察にも届け出たそうです。

警察もいろんな線で捜査していたため、北朝鮮による拉致に気付くのにそう時間はかからなかったみたいですね。

この頃、横田めぐみさん以外にも北朝鮮による拉致被害者が多く、問題は深刻でした。

政府の調べでは、17名ほどが北朝鮮の拉致被害者にあたるそうです。

・・・

やりすぎですね(~_~;)

わかっているだけの人数なので、まだいるかもしれませんが・・・

しかも、どうやら被害にあっているのは日本に留まっていないようですね。

韓国タイルーマニアあたりにも、拉致の可能性があるとか・・・

拉致の目的も明確になっていません。

説はいくつか浮上しているようですが、北朝鮮の意図ははっきり見えていないのが現状です。

最近ではトランプ大統領が、北朝鮮の拉致事件に対して強く非難して話題になっていますね!

核やミサイルなどの武力体制にも、かなり批判をして「世界平和にとっての脅威」「下劣」と語っています。

この問題ゆえに、日本も北朝鮮との国交はほとんどありません。

せめて拉致問題に対してだけでも、解決に向かうことを切に願っています。

もっと言うと、さっさと武力放棄してくれ(^_^;)

スポンサーリンク