プレハブ小屋に33歳長女監禁し衰弱死!?遺体遺棄を次女に説得されて・・・

大阪・寝屋川市で起きた33歳長女遺体遺棄事件・・・16~17年も監禁され、遺体発見当時は服も着ておらず19kgに?両親を説得したのは次女だった?

スポンサーリンク

長女を監禁!?




大阪府寝屋川市の住宅で、長女の柿元愛里さん(33)の遺体を遺棄した事件で両親である・・・


父親の柿元泰孝容疑者(55)と母親の由加里容疑者(53)



逮捕されました。


二人は自宅内に造ったプレハブ小屋に、16~17年前から愛里さんを監禁していたと話しているようです。




・・・

何でこんな事を(~_~;)


話によると愛里さんは小学校6年生の頃から精神疾患の診断を受けたようで、暴れることもあったためにプレハブ小屋に閉じ込めるようになったんだとか。


12月18日の朝に長女の愛里さんが亡くなっていることに気づき、別の場所に住む次女に愛里さんの状況を説明すると次女が・・・


「警察に行かなあかん」


と説得し、同月23日に寝屋川署に自首するという流れに至ったようです。


スポンサーリンク

同級生の声は?



愛里さんの小学校の頃の同級生によると、愛里さんは・・・

“いつも同じ服装で美容室に行ってないような髪型”

“いつも悲しい顔をしていた”


“体育の授業では腕や足に10個以上のアザがあって、理由を聞くと犬に噛まれたと言っていた”


“言葉遣いもちゃんとしていて暴れるような子じゃなく優しいいい子だった”


と同級生からは回答があっているようです。

身なりは怪しさ漂っていますが、内面は精神疾患を患っている感じではないですね。

アザとかがあったなら学校側は気付かなかったのでしょうか・・・?

何だか虐待っぽい匂いもしますよね(~_~;)


精神疾患は親の方?



今回の事件で、ネットの声では・・・

●担任は何をしていた
●なぜ誰も気付かなかった
●精神的におかしかったのは両親の方では?
●精神疾患は親の方

などなど・・・



周囲がなぜ気付かなかったということから、親の方が精神的におかしいという声までありました。


確かに、親の行動は常軌を逸していたと言っても過言ではないかもです(~_~;)


監禁部屋2畳に簡易トイレと監視カメラがついており、モニターとスピーカーで会話ができるようにしていたとか・・・


しかも食事は1日1食らしく、遺体発見時は19kgしかなかったため脂肪がなく体温を保てずに凍死していたようです。

重ねて冷房はついているが暖房はなかったらしく、毛布の中服を着ていなかった状態で発見されているんですよ。


・・・

いや、これもう殺人じゃん(~_~;)




この時期暖房はないわ、服着せてないわ、食事1食だけでなぜ生きれると思ったんだ(# ゚Д゚)


どうやら両親は愛里さんが精神疾患を患ったことを周囲に知られたくなかったようで、市役所への相談や障害者手帳の発行もしてなかった様子。


屋外にも監視カメラが10台ほど設置されていたので、警戒していたのは間違いないとのこと。




警察は衰弱に気付いていながら放置したとして、保護責任者遺棄致死や監禁致死の容疑でも捜査しているようです。


スポンサーリンク