羽生結弦の怪我は未だ癒えず!!全日本選手権は欠場!?

羽生結弦選手の怪我は癒えておらず、氷上にすら立てていない状況?全日本選手権は欠場するも代表入りはできる?平昌五輪に課題が多い・・・?

スポンサーリンク

羽生結弦の怪我・・・

出典;THE ANSWER




11月9日のNHK杯公式練習で、ジャンプ後の着氷に失敗し右足を怪我した羽生結弦選手・・・


怪我の具合は思ったよりも深刻なものだった様子(^_^;)

当初の診断では3~4週間程で元に戻るということだったのですが・・・

現状としては氷上にすら立てていないようです。

滑るどころではないっ(;゚Д゚)



この怪我について、さらににも炎症を認めたと新たな発表があったようですよ。


専門家によると・・・

今回の怪我は一般的にいうと捻挫のようなもの。


とはいえ靱帯の血流量は豊富ではないため、通常の捻挫より治りが長引く怪我なんだとか・・・


具体的にどこの靱帯かまで発表があったわけではないですが、専門家が考えるにはどうも“前脛腓靱帯”らしいです。


・・・

どこやねんっ(;゚Д゚)

ってなりますよね(^_^;)


脛骨(すねの骨)と腓骨(すねの外側の骨)をつなぐ靱帯で、足首を前に出過ぎないようにする働きがあるんだとか。



ここを怪我していた場合、復帰まで4週間~8週間かかるそうなので長引いているところを見ると“前脛腓靱帯”の怪我の可能性があると考えているようですよ。


スポンサーリンク

全日本選手権の欠場!?




滑ることはおろかリンクに立つことすらできていない羽生結弦選手は、全日本選手権を欠場する形となりました・・・


当然の決定だと思います(^_^;)

先ほど説明した通り、NHK杯公式練習の怪我が長引いているのが原因です!


拠点であるカナダのトロントでリハビリを続けていたそうですが、演技ができるまで回復に至らず・・・


演技どころか関係者によると・・・

「いつから練習を再開できるか決まっていない」



という状況のようです(^_^;)


しかし、全日本選手権では平昌五輪への出場枠が決まる代表選考会ともいえる大事なもの・・・


一体どうなる羽生結弦選手?

・・・

でもご安心を!


実績ある選手が怪我などで出場できなかった場合は、過去の成績等を評価して選考するシステムになっているようです!


羽生結弦選手は欠場しても代表確実といわれているんですよ(笑)


平昌五輪への課題!

出典;Number Web



とはいえ、平昌五輪への出場が決まってもその課題が多いのも事実です。

怪我の回復が間に合うかどうかもちろんなんですが・・・

平昌五輪までにどこまで痛みが引くのか、いつから練習が取り組めるのか、練習不足による調整の遅れや試合の感、メンタル面に至るまで・・・


課題は山積みだと思います(^_^;)


どれを欠いてもパフォーマンス低下のリスクに繋がりそうなので、焦らず1つずつ潰していくしかないでしょう!


平昌五輪は2018年の2月に開催されます。


ここまでにどのくらい仕上げられるかは、羽生結弦選手をはじめサポートチーム一丸となって臨む必要がありますね!


これを聞くと、逆に特別枠で出場することが酷な気もしますが(^_^;)


スポンサーリンク